« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月28日 (月)

行楽日和に 四十九日法要 納骨

9時タクシーに4人ぎゅうぎゅうと

乗って会場へ出発

御骨壷4体もどうやって運ぼうかと

悩んでいたけど そうだ 最近買っておいた

大きな風呂敷を思い出し

それにうまくおさまって 完璧 ^-^v

風呂敷って 本当に便利

早めについて おろしたての

礼服(息子)の解き忘れたシツケを解き・・・ ^^;

10時に読経が始まり

11時には会食・・・

お寺の住職といっしょにというのは

初めてで 緊張~~~

したのもそこそこで

お寺の由来や

参会者の趣味の話まで

おしゃべりもはずんで

あっというまに時間となり

タクシーに分乗して平和公園へ・・

なんという 小春日和

というより 春本番のような暖かさ

そして行楽に来ている人らの

車の列・・・

お彼岸より混んでるじゃん @0@

まずお墓に花を供え変えて

線香着火!!

住職から手渡しでお骨片を受け取り

読経の中リレーでお墓の入り口

(たしかスロートって言ってたかな?)

から納めるというのを何巡か繰り返し

読経終了・・・

私が住職をタクシーまで

お送りするあいだ ほかの人に

後片付けしてもらいました

空になった壺は不燃ごみ置き場に ^^;

週一で墓地管理が巡回しているそうで

回収してくれるんだとか

というわけで

終わってみると荷物は

遺影と本位牌と御引きだけ

^^; 本来喪主は御引きはいただきません

けどね

ほしかったから 発注しといた ^^;

翌日から仕事という人らもいるので

あっさり解散・・・

コメダでシロノワールを

つつく というのは

また今度となりました

やった~~~

やっと忌明けや つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

Dsc06408

続きを読む "行楽日和に 四十九日法要 納骨"

| | コメント (0)

2016年3月24日 (木)

無いと聞いてたのに

某平日 指定通りの時刻に

お寺へ出かけて 地下納骨堂から

先祖代々の御骨2霊

精抜きの読経をしてもらって

風呂敷に包んで

持ち帰った ^^

中身を確認したら紙袋に

「●●」って ちゃんと名前があるじゃん

なんだ 爺が「無い」と

言ってたのは勘違いだったのでは?

それにしても

何十年と地下の納骨堂に

安置されていただけなのに

煙草のヤニがひとつの器にはびっしり

ついていて・・・

そういや 昔はうちに麻雀しに

来る父の部下の人らもほとんどが

ヘビースモーカーだったなぁ

なんて思い出したり・・・

で とりあえず風呂敷にかるく包んで

リュックに押し込み ^^;

歩いて中区役所へ・・・

某手続きのために

爺の出生から死亡までの

連続した謄本を申請

なかなか 順番待ちで時間かかった

やっぱ ドラムのレッスンには間に合わな

かったな よかった あらかじめ

欠席連絡しておいて ^^;

帰路途中 衛生的な場所で

手持ちのウエットティッシュで

ふきふき・・・

だって 風呂敷汚したくないもんね ^-^

帰宅後改めて濡れ布で

きれいに汚れをぬぐった ^0^

あぁ やれやれ これであとは

戒名を木札に書けば

(これは姉に依頼)

準備完了だ~~~~

| | コメント (2)

2016年3月20日 (日)

強風の中  春のお彼岸 

始発で旅に出るという夫と

ほぼ同時刻に起床

7時半に息子とタクシー乗車

お花は前日に勝川弘法市で

格安ゲットできて幸運だった!

しかし当日は晴れていたものの

意外に寒く 強風吹き荒れ

束線香に着火できない・・・

悪戦苦闘したが

結局束から 1,2本 飛び出させた

状態でなんとか点火・・・

  次回からが必要やとさえ

思った・・・

ご住職を捕まえて

来る 初体験 納骨式での納骨の

作法??について

聞きたかったことを尋ねた ^^;

住職から手渡された御骨を

素手で受け取り墓石に入れる

という手順、「残りは私が入れるから」

とのこと へえ そうなんだ・・・

骨壺のまま入れるのかと思っていたけど

違うんだ・・・ ^^;

父母の戒名が墓石の側面に

加わり 準備整い

この日の墓経は いつものそれではなく

「精入れ」 なので

お布施もいつもとは違う金額を入れ

表書きにその旨記載して

収めた ^-^v

あ なんか忘れたな~~~

と帰宅してから思い出した

精抜きの読経のお礼

住職に言うの忘れてた ^^;

副住職と墓石屋さんで

すませてくれたんだけど

お礼は住職にも言うべきだった

あちゃ~ ゚゚(´O`)°゚

精抜きといえば お寺の地下の納骨堂に

納まっている誰かわかんないけど

ご先祖さんの御骨も平和公園に

埋葬になるので

まずは受け取りに出向かないといけない

小さい風呂敷で足りるっけ?

いったい何体あったんだっけ?

確か爺いはく

「壺は安置してあるけど 実際中身は

カラなんじゃ」だったはずで

そこんとこも確認しなきゃ。。

しかし カラ であっても

「有」の扱いで埋葬することに

なるのよね・・・ 

| | コメント (0)

2016年3月15日 (火)

息子と買い物

スマホを調達するつもりででかけた

氷雨の某平日

息子の健康保険証を用意していなかったばっかりに

学割契約できず 

また 当の息子が

ここにきて

新機種まで待ったほうがい~んじゃね?的

意見をのたまい しばし買い控えることに決定・・・

しかし 私的には この無駄足は

納得できず ショッピングモール行のバスに

二人で乗り 新生活に向けての

買い物三昧をしてきました ^^;

まさか中学時代の鞄じゃだめだし と

鞄の 専門店で

かなり良いやつを 買い

ペンケースも痛んでたから と

新調し

そうだ 法事の時の靴

ローファーでは ちょっとねと

ややおっさん臭い靴も買い

礼服も 結局 昭和世代のおさがりでは

間に合わないので 大奮発・・・

大丈夫 体型さえ維持できれば

モトとれるくらい 登用になるさ

となると Yシャツもいるよね

採寸してもらって既製品ゲット

ついでにポイントカードも作成

けっこう出費しました・・・

ですが 明るい気持ちです ^0^

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

予選結果届く (u_u。)

気になっていたコンクールの予選結果

だめでした・・・

しかし 奨励賞という賞状と

ほかの講師からのコメントをいただきました

まぁ まとめますと

今後も続けて楽しみなはれや~

みたいなことでした ^^;

幸いにも いつもの先生から

「役に立ちそうなサイトがあるよ」

とドラム練習に強力な助っ人

になりそうな情報をいただき

またまた 闘志復活っ!!

次回予選まで まだ1年弱あるぢゃぁないか

ぬぉ~~し

ここはひとつ1年がかりで

予選突破を目指そうと

早くも決意したのでした ^-^

| | コメント (0)

2016年3月 2日 (水)

97歳で逝った叔母がくれた「48年ぶりの」 ②

故人が自分とは血がつながっていないこともあって

葬儀では私が知らない人も参列なさっていました

あれ? でも あの人は見覚えが

あるような ないような

もしかして 小学校時代の同級生?・・・

でも話しかけられると

まずいな しっかり思い出せないし・・^^;

とボーッとしてたら

先方から話しかけて来てくれて

シドロモドロ・・・

「確か・・・一年生の時 M浦先生が担任で」

「えっ? 1年生のときいましたっけ」とさらに動揺

「そうだよ。しゃべらなかったよねぇ

僕もおとなしいほうだったから」

「私は美術の授業になると具合悪くなって

用務員のおじさんのバイクで

早退するのが決まりで・・・」

 あ いかん 自分の暗黒史を思い出すがな!

とそこへ長身の男性が並び

「兄です、3年上の・・・」

「え、じゃぁお二人とも中学はTチュウ?」

「そうそう」

「私はそこから福岡ですんで・・・」

 ホっ 安全地帯にワープじゃ(◎´∀`)ノ

 と思ったら 姉が横から

「あら~~ 私もTチュウですの、妹とは6年

離れてるけど うふ(*´v゚*)ゞ

お二人とはどこかで・・・」

「たぶん会っていますなぁ~」

としばし プチ同窓会の雰囲気・・・(;;;´Д`)ゝ

というわけで

昔 ぼんやりと遠戚だとは聞いていたけど

彼らが故人の甥っ子であることが

初めて判明したのでした!

をを 実に48年ぶりの小学校同窓生との再会

同窓会という類のものには 一切

参加したことがなかったので(これからも絶対ない)

初体験でした ^^;  ←やっぱり居心地悪い

帰りの新幹線の中で

「あちゃ~ 今頃アルバム引っ張り出して

確認してるやろなぁ・・・

 『わぁこの子やこの子、えらぃ変わりようやなぁ』

なんて言われてるかも・・・  ハックションっ!!」

と冷や汗を流したのでした ^^;

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »