« 焙煎 したての珈琲豆が買える 「ロビン」  @東山 | トップページ | 着るのに手間取る率 第一位  »

2015年10月 1日 (木)

148 ビートの切り替えを意識して強調する

シルバーウィークは練習三昧

いやというほど ラテンのビートを

体に叩き込んだつもりでしたが

レッスン日に講師の前でとなると

なかなか・・・ なんでぇ~~~?(p´□`q)゜o。。

そして ビートのほかに

ピアノのアドリブ部分で

何かやらなくちゃいけないんじゃないか?

でもどんなことしたらいいか

つかめていない・・・

時間だけはどんどん過ぎる・・・

だんだん不安になってました

この日のレッスンで

「とりあえずキメルところは どこか」 

「ラテンのビートから4ビートにうつるとき

そして また もどるときに アクセントの1打を

キメル」

という アドバイスをいただき

講師の実践を見て

なるほど~~~ と感心しました ^^;

感心した時は できる気・満々です

わざわざレッスン日以外にメールで

教えてもらった動画サイトでの

参考例・・・見るには見たのですが

鑑賞しただけで ^^;

このようなポイントには気づかず・・・

そうか、参考例を教えてくれたのは

気づかせようとしてだったのかな?

・・・ちょと 遅かった ^^;

つうか 受け身やなぁ ワタシ!

あかんあかん

やる気とはウラハラに

「ではやってみて」となると

できません・・・

今しがた 講師の手元を食い入るように

見ていたはずなのに できません・・・

幸い録音しておいたので

その日のうちに 聞き直し

端末にも入れて耳でマネるという

作業を繰り返すしかありません・・・

いやいや

その前にまず アタマで理解せよ

これも 宿題の大きなポイントでした

やってみます・・・

本番まであと数回しか

レッスンはありません

(ノω・、)

|

« 焙煎 したての珈琲豆が買える 「ロビン」  @東山 | トップページ | 着るのに手間取る率 第一位  »

五十の手習い 電子ドラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焙煎 したての珈琲豆が買える 「ロビン」  @東山 | トップページ | 着るのに手間取る率 第一位  »