« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ナゴヤ キッチュ  エ  ビオ @久屋大通り

新緑がまぶしい季節

一度テレビ塔あたりの

公園でサンドウィッチをほぉばってみたいと

思っていました ^^;

偶然見つけた久屋大通りの

お店で  テイクアウトし

木漏れ日を感じつつ

いえいえ もう真夏のような

気配を感じつつ

ちょっといっぷく

Imgp2670

Imgp2669

店内で食べることもできるようですが

せっかくのいいお天気

たまには外で ^^;

野菜から生鮮まであるので

栄から帰ってくるとき

食材を買い足すのに便利かもしれません

ただし 値段はお高め・・・

| | コメント (0)

2014年5月29日 (木)

東欧雑貨のお店?

名鉄瀬戸線沿線を歩いていたら

新店舗ができつつある箇所を発見

ちらっと見えた

オープンの貼り紙には

「ブルガリア・・・」と読めました

WEBでちょっと検索かけたらなんと

東欧雑貨のお店のようです

楽しみです

開店したら 訪問しようっと ^0^

| | コメント (0)

2014年5月27日 (火)

再発五十肩その後

去年の暮はとても痛くて

家事をするのも モノをつかむのも

おっくうでしたが

このごろはずいぶんと

上に上がるようになってきました ^0^

きのうは ついについに

バスの吊革に痛いほうの手をあげて

つかまることができたのです!

気温も関係するようで

春めいてからはずいぶんだるさも

マシになってきています

お風呂上りに ストレッチを心がけ

徐々に後ろ手を組んで

上にあげる ということを繰り返しています

まだエプロンの紐を後ろで結ぶには

痛みが走りますが

ずいぶん楽になってきました・・・

真夏にならないうちに

着物も着たい! ^^;

| | コメント (0)

2014年5月24日 (土)

くまモン マルエイで 集客

夫の九州旅行の際

私からのリクエストは

くまモンの特大ぬいぐるみだったのですが

夫がゲットしてくれたのは

特大のクッションでした・・・手足がありません

Kumamon2

そこで 動くくまモンを見に行くことにしました

場所は栄の マルエイ百貨店(丸栄)

催し物会場は「大九州展」開催中です

まだ時間があったので なんやかやと

見ていたらいつのまにか

くまモン目当てのお客さんの長蛇の列

最後尾は偶然通用口の前

くまモン登場とともに

フラッシュの嵐でした

Imgp2655

Imgp2659

小さなブースで決めポーズなどをしていたようでしたが

なかなか行列が前に進みません、

小さいお子さんは泣きはじめるし

なんとかならんのかと

イライラしはじめたころ

「後ろのほうで見えにくくてもよければ

先にお通しします」との案内

「行きます」と即答し

ブースに行ったものの・・・

Imgp2664

み、見えねえよぉぉぉ

しかたない

腕を伸ばしてズームで

Imgp2668

続きを読む "くまモン マルエイで 集客"

| | コメント (0)

2014年5月20日 (火)

名駅でモーニング   @アバンテ

某ブログで タワーズ15階で

てごろなモーニングがある という

情報をおぼろげに目にして

JRで名駅に出てみました

たまには 眼下に名古屋市内を

見下ろしながら 朝のコーヒーをって

いいかも~~~ と思ったのですが

タワーズについてみると

そのようなお店はありませんでした

 後で調べてみたら近くまで行っていたのですが

 見つけられなかっただけでした!

ホテルのモーニングは桁が一つ多かったので

即 退散し・・・ さて どうしよう お腹すいた

そういえば

昔よく聴いていたラジオ番組と同じ名前の

喫茶があったはず・・・と 思いだし

アヴァンティさん 初訪問 ^0^

正しくは アバンテさんでした ^^;

Imgp2628

続きを読む "名駅でモーニング   @アバンテ"

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

109 交流会にむけて②

あとひと月になりましたので

楽譜も出来上がったようで

配布されてきました ^0^

今回はザ・ピーナッツのヒット曲が

私に回ってきました ^0^

楽譜にはドラム譜の記載はないのですが

そこは ベースやキーボードの譜面を

どういうふうに 見ていけば ドラム譜の

見当がつくか ということを

講師から教えてもらい

ふむふむ と 自宅でも実践し

空きスペースに手書きで五線引いて

鉛筆書きで 自分なりのドラム譜を

入れていこうかと 思います

練習すれば 暗譜できるとオモウし

暗譜しないと ピアノのように楽譜の頁を

めくることなど

とてもできませんし ^^;

さぁ ドキドキしてきました ^-^

なにせ ほかの楽器と演奏しないと

ドラムはなりたたないモノなのですから

交流会は ありがたい 企画なのであります ^-^

五十肩は治っていませんが

練習練習っ ^~^

| | コメント (0)

2014年5月12日 (月)

ペルシャ料理 空振り @ゆとりーとライン川宮

せっかく夫と二人

バスに乗車してまで出向いたのですが

Dsc04474

なんと休業・・・

がっかりししました

でも仕方ないので

Dsc04476

バス停一駅あるいて

カレーを食べて帰りました

いつの日かリベンジを果たさん! ~_~

| | コメント (2)

2014年5月11日 (日)

母の日に たらちねケーキ

息子である夫が今年も何もしないようなので

ヨメとしては代行しておかないと

気がすみません ^^;

加えて 高校生の息子も

母である私に なにか

しでかしてくれる気がないと判明し

鼻息荒く ひとりで

JR高島屋のデパ地下へ ^^;

前々から気になっていたけど

高くて買う気がしなかった

パウンドケーキを買ってみました

義母献上用と 自分用

Imgp2618

これにバラの花束もかかえて

バス停に降りてから義母に

電話し、参上・・・

自分用に買ったものは封を切らず

うまいこと言うて 義母に進呈したものから

食べてみました ^0^

ほほう、こんな味なのか

これなら 特別な日に買っても

いいな と思いました ^-^

満足ぢゃ ^~^

Dsc04478

| | コメント (2)

2014年5月 7日 (水)

ロシア料理 ロゴフスキー初訪  @名駅

大型連休

JR九州を乗りまくって来た夫に

「快く送り出した妻に対するお礼」というものを

具現化してもらいました ^^;

すなわち 「外食」です ^0^

名駅から 歩いてすぐのビル4階にある

ロシア料理の老舗レストランを 初訪問しました

12時に入店したのにすでに満席??

やや年輩の常連客ばかりといった

落ち着いた感じでした

何十年ぶりかのロシア料理

最後に食べたのはたしか・・・

福岡にある老舗の ツンドラさんだったような・・・

しかし あのころは記憶力ピークの17,18歳、

そう、味はなんとなく思い出せるのです

というわけで

3000円のコースを選択 ^0^

すべておいしくいただきました ^0^

まず出てきた黒パン、

ボソボソっとして酸味があります

Imgp2608

続きを読む "ロシア料理 ロゴフスキー初訪  @名駅"

| | コメント (2)

2014年5月 2日 (金)

108 避けてきたジャンルを聴く

講師から交流会の曲目に登場する

ドラムのパターンの説明を受けましたが

その中にはロックによく出てくるパターンがあるとのことで

「ロックといえばどういうアーチストまたは

曲目が浮かびますか」と聞かれまして

^^;はたと困りました 

たとえばクラシックなら

ベートーベンやショパンやリスト、シベリウス、

モーツァルト、バッハ、チャイコフスキー、

ムソグルスキーにラフマニノフ、ワーグナーなど

作曲家の名前と 曲のサビ部分などが

「繋がって」思い浮かぶのですが・・・

また、日本の歌謡曲なら

60年代なら誰ら、70年代ならあの人ら と

出てくるのに

「ロックは?」と聞かれると

詰まってしまい、結局出てきませんでした

ついには 講師に

たとえば?と 名前を挙げてもらう始末・・・

しかしそれを聞いても

曲目や サビが一向に浮かびません

こりゃいかん・・・ 

と最寄りのリサイクルショップへ行き 

買ってみました

Imgp2607

続きを読む "108 避けてきたジャンルを聴く"

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

リプたんのSPに使われた音楽

Img_0

リプニツカヤ選手、

若さと 柔軟さと 根性ありげな美貌で

私も注目しています ^^;

フィギュアスケートを見ていると

音楽を繰り返し聴くことにもなるので

気になる曲にも出くわします

彼女がショートプログラムで演じたときの

音楽、出だしは雷の音の

ピアノ音楽でした

どうやら

Dmitry Malikov ドミトリー・マリコフ

という男性ピアニスト?

が演奏したもののようで

サイトをみつけましたら 試聴できるようになってて

ほかの曲も気に入ってしまいました

^^;

ほしいと思って

アマゾンで探したら

同一アルバムは 日本未発売のようです

残念・・・

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »