« 片づける前に 衿を付け直す | トップページ | 親族として披露宴に  @神戸 »

2013年9月13日 (金)

88 迷子は辛抱して待つ

メロディー奏者がかなり練習を積んでくれて

かなりテンポアップして 音合わせできました

が・・・

リフレインをとばしてエンディングになったり

奇想天外な運びとなって

こちらは焦りに焦りました・・・

take4くらいまでやったでしょうか?

すこしずつ形にはなってきたので

次回までさらに練習を重ねようと

思いました・・・

講師からは

take1のとき

その時の私のドラムの音色、

「正しいところに帰って来い!」とばかりに 「立腹の音色」に

なっていたと指摘されました・・・

ハイ、混乱して焦って怒って 力いっぱい

ライドシンバルを叩いていました・・・

これでは いけないのだそうです

冷静に正確にテンポを刻んで

迷子が自分で帰ってくるように待つ・・・

という力量(精神的余裕?)が要るのだそうです

こりゃまた 苦手な分野です・・・

今まで待つのがいやで どんだけ(子育てでは特に)

失敗したことか・・・

「自分が正しいと思っちゃだめだよ」

と釘をさされました

「合わせることが大事」だと

う~~~~~ん、どうなることやら・・・

とにかく 練習だけはいっぱいして

あとは成るようになれ かも??? ^^;

|

« 片づける前に 衿を付け直す | トップページ | 親族として披露宴に  @神戸 »

五十の手習い 電子ドラム」カテゴリの記事

コメント

>うまこさま 普段市販の音源をたよりに叩いているのでよけいパニクります。^^;人の演奏に合わせるのってスリリングですね。^0^(と 私もヒトから思われるってことですよね)

投稿: のんこ | 2013年9月15日 (日) 14:02

う~ん、耳が痛いです。
私も、自分が正しいテンポだぁ~
と言わんばかりに三味線を叩くことがあります。
合わせねば、合わせねばぁぁ~

投稿: うまこ | 2013年9月13日 (金) 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 片づける前に 衿を付け直す | トップページ | 親族として披露宴に  @神戸 »