« 81 ブラシの先がひっかかる | トップページ | 82 課題山積・・・ »

2013年8月 3日 (土)

松阪木綿のあべ静江さん 

徹子の部屋に着物姿で登場した

あべ静江さん・・・

松阪の広報大使もしているそうです

ということで 木綿の着物

楽しませてくれました

ひとつ 不思議だったのが

木綿の長着の下から見える

赤い無地の布・・・

Imgp2342

これって裾除け??

袷の裏地ということでもないし

こういう着方があるんでしょうか?

気になりました・・・ ^^;

グラデーションの美しい

手織りの木綿着物だそうです ^-^

|

« 81 ブラシの先がひっかかる | トップページ | 82 課題山積・・・ »

買ったキモノorやみくも自家製キモノ」カテゴリの記事

コメント

>うまこさま 分析ありがとうございました。赤い着物と重ね着してるってことですね。わかりました。たしかに 暑いのにって感じですね。 ^0^

投稿: のんこ | 2013年8月 6日 (火) 09:19

あべ静江さんの上半身の写真を
検索して見つけました。
暗赤色の着物を重ねて着ているようです。
木綿の鰹縞では、普段着ッぽ過ぎる印象を
ちょっと高級に見せるための
工夫かと思われます。
暑苦しく見えないように襟は
細~く見えるだけにしてあるので
よく見ないとわからないですね。
寒い時にはよくやるテクニックですが、
この暑いのに、ご苦労様でした。

投稿: うまこ | 2013年8月 5日 (月) 23:38

>うまこさまなら ご存知かと思いましたが 謎になっちゃいましたね・・・たぶん 見せたい裾除けだったのであのように重ねたのかも???

投稿: のんこ | 2013年8月 5日 (月) 15:16

>うまこさんなら ご存知かと思っていましたが・・・ 謎になっちゃいましたね ^^; たしかに 襦袢なら あのように見えないはずなのですが。もしかしたら 見せたいのであのように巻いた??裾除けだけ?

投稿: のんこ | 2013年8月 5日 (月) 15:15

これだけ見ると着物を2枚重ねて着ているように見えますね。
いわゆる襲。
でも夏に?暑いでしょうに・・・
襟も袖も重なっていればまさに襲ですが・・・・
いわゆる留め袖などの比翼のオリジナルですけど・・・
長襦袢なら見えるはず無いですよね。
何なんでしょうね。

投稿: うまこ | 2013年8月 3日 (土) 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 81 ブラシの先がひっかかる | トップページ | 82 課題山積・・・ »