« 伊勢木綿に羅の帯をしてみる  | トップページ | 早めに絽を着て »

2013年5月18日 (土)

木綿着物に 織の名古屋帯を

この日も絶好の着物日和

午前中に

義母宅へおじゃまして

謎だらけの 織帯を鑑定(??)

してもらった結果

物語が見えてきました

「継ぐときにあべこべになったのだろう」

ということで

テの柄の位置が 不可解なところに

来ているのだろう ということで

落ち着きました

ついでに 着付けも

あれこれ手を加えてもらい

二人で買い物に出かけ

帰ってきたところで 画像記録。。

Front

蒸し暑くはないのですが

気温が上昇してきました

もう 麻の足袋を履いています ^-^

Back_3

|

« 伊勢木綿に羅の帯をしてみる  | トップページ | 早めに絽を着て »

ちょいとキモノで」カテゴリの記事

コメント

柄と値段に一目ぼれ・・でした。 この日は義母にグイグイと締めてもらってちょっと苦しかったです。でも柄がきれいに出てうれしかったです。

投稿: のんこ | 2013年5月22日 (水) 09:49

お太鼓の柄がステキに出ていますね♪~
結びやすくないのが残念ですね。

投稿: うまこ | 2013年5月21日 (火) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊勢木綿に羅の帯をしてみる  | トップページ | 早めに絽を着て »