« 久しぶりの大須にて | トップページ | 69 ふぬけ状態で練習せず »

2013年4月16日 (火)

木綿が心地いい季節に

この日は風も強くなく

絶好の着物日和・・・

ポリの袷にしようかと 迷ったあげく

冬の間に衝動買いした

木綿の格子の着物を着てみました

初登板です

Imgp2213

襦袢は自作の黄色い絹もの

もとは襦袢地ではないようでしたが

大須の骨董市 で「解きもの」として800円で

売られていたので 買って自分で

襦袢(のようなもの)に縫いました

帯はコメ兵で 色と値段が気に入って

買った織の帯で

都合のいいところを 安全ピンでとめて

簡易名古屋帯にしてあります

帯締めは 自作の単なるヒモで

余った布地にレースを挟み込んでミシンがけ

したものです

帯揚げは どっかで買った300円くらいの

化繊のスカーフ・・・

帯締め、ベリー工房 さんではもっと

かわいく立派に丈夫にこしらえたものが

リーズナブルなお値段であったように

記憶しています

またそのうち 足を運んでみたい

このような陽気なら

羽織ものなしでも でかけられそうです

梅雨入り前に

着物を着る機会を増やしたいです ^-^

|

« 久しぶりの大須にて | トップページ | 69 ふぬけ状態で練習せず »

ちょいとキモノで」カテゴリの記事

コメント

>nutscatsさま コメントありがとうございます。木綿やウール、化繊は気負いなく着れて普段着感覚が楽しめますね。私の場合、絹は着たくてもシルクウールしか持ち合わせがないだけなんですけど ^0^

投稿: のんこ | 2013年4月16日 (火) 21:07

流用や自作で帯周りをまとめられて、普段着の着こなしを楽しまれているご様子がとっても素敵です~♪
わたしもざくざく着ているつもりでしたが、まだまだでした (≧∇≦)

投稿: nutscats | 2013年4月16日 (火) 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの大須にて | トップページ | 69 ふぬけ状態で練習せず »