« そして マナカへ | トップページ | 今年の花粉症 »

2011年3月13日 (日)

心よりお見舞い申し上げます

残酷な夜明け 被災地の状況が 徐々に明らかになってきています。

胸締め付けられる思いでテレビを見ています。

よりによってその日 夫は東京出張。

私はぐうたらしていました。いつもぐうたらですが夫が出張、泊りとなると

輪をかけてぐうたら過ごすのが習慣になっています。

なので その瞬間震度4だったのに、揺れたとわかりませんでした。自分がめまいを起こしている、先日の診断でも血圧高かったし いよいよ やばいのかと思ったのです そうしたらなにやら背後で 水の音がする。浴槽の残り湯が音を立てて揺れているとわかり

あぁ

もしかして 地震・・・。

震源地がわからないまま つい いましがた ランチして別れてきた

姑に電話。

「ゆ、揺れましたよね 地震ですよね?」

「ほうだよ 地震だがね。」

へんな 揺れでした。きっとどっかで巨大地震か・・・。

テレビで震源地やら情報を知り あちゃー 夫 受難か。

家の固定電話から夫の携帯にかけて

運よくつながり

「最寄りのビルか とにかく居場所と食糧と水分を確保して

三日は野宿すべし」

と これが私が考え付いた最善の策でした。

まさか その日のうちに帰宅してくるとは 思いませんでした。

幸運でした。

同級生が東北に嫁いでいます。気になります。入学祝いのお礼の電話が着信履歴に残っていました。こちらからかけなおそうと思っていた矢先でもありました。

案の定つながりません。

彼女の妹は名古屋市内です。夜になってから電話をしてみると・・・

「私今 やっと 帰ってきたんです、静岡のトンネルで3時間缶詰めだったんですよぉ!」と

立ち往生する新幹線のなかで地震を体験したとのこと。

「姉のところは 山奥だから 津波の心配はないんじゃないかな」

と希望的観測。

その後しばらくして 本人から電話がありました。とりあえず無事なようです。

安心したのもつかのま、この巨大地震、日本列島はもちろん、地球の自転速度も速めたくらいのモノらしいことがわかり、とうとう東海地震も来るぞ・・・と焦りはじめ

枕元に 靴、 避難&防災リュックを置いて 就寝しました。

|

« そして マナカへ | トップページ | 今年の花粉症 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして マナカへ | トップページ | 今年の花粉症 »