« positive food cafe bou @鶴舞線・川名 | トップページ | 砂浜まぶしい 南紀白浜② »

2010年5月 4日 (火)

砂浜まぶしい 南紀白浜①

ゴールデンウィークです。南紀白浜まで出向きました。いつものように宿はネットで3か月前に予約、列車の切符は最寄り駅で一か月前にゲットという作業をしておいたのです。

さて、まずは名古屋駅から京都駅まで新幹線。混雑を避けるためこだま号乗車。座れます。ありがたや、こだま号。

京都駅に途中下車しました。私は何十年ぶりなのでしょう、すっかり思い出とは別世界になっている現実の京都駅に足がガクガクします。

Dsc01690

ひえー。(@0@)

仰天している間 夫は例の作業に没頭します。

Dsc01692

Dsc01694

スタンプスタンプの、夫。いつものことです。

Dsc01715

京都駅ビルにあるスタイリッシュで高級そうなレストランで食事。お高くつきました。お味はよかったです。

画像のほかにもメインディッシュとデザートなどがつきました。

Dsc01727

さて、満腹なのに乗車前に車中で食べるワッフルを購入。おいしそう。

Dsc01738

いい日旅立ち、今回はオーシャンアロー。よく揺れました。南紀の海岸線がいかに複雑なのかが体感できます。

Dsc01771

あぁ、くたびれた・・・というころに到着。実は40年ぶりなのでした。しかし全く記憶を引き出せません。今回は白良荘グランドホテル。ひょっとしたらオーシャンビューのこのホテル、2度目なのかもしれないのに。それにしてもすばらしい浜辺です。白い砂がまぶしいですね、サングラス、もってくればよかった・・・。

Dsc01783

ホテルからビーチはまるでプライベート。そのまま素足で出ちゃえ!真夏の砂とは違い、気持ちよく歩けます。真夏だとアッチッチで歩けませんよね・・・。

Dsc01789

Dsc01799

海の水はさすがにヒンヤリ。翌日は海開きといいます。浜辺に来ている子供たちは泳ぐ気満々のようでした。

歩いていたら神社がありました。参拝してみました。

Dsc01809

あの、過酷な熊野へ行かずともここで なんちゃって参拝できるのかしら。人気はそれほどないようですが、奥へ行くと 昭和天皇の御座船(?)がありました。昭和天皇は南方熊楠さんという方を歌に詠まれていますよね。

Dsc01812

お参りしたら日も傾いてきました。ホテルに戻り食事をとりました。

和食です。豪華でした。伊勢エビもつきました。

Dsc01851

姉の結婚披露宴以来かしら、豪快に食べるのって。いやまてよ、東北に嫁いだ友人の時も出たっけか? 伊勢えびを湯洗いという 説明でした。好みとしてはバター焼きがよかった・・・なんて 贅沢か。^^;

温泉にも入りました。静かな波音を聞きながら。

Dsc01862

昔は明かりも少なかったでしょうから もっと暗くて もっと神秘的だっただろうな などと思いつつ「極楽極楽」を唱えます。^^;

久しぶりに特急列車に揺られたせいでしょうか、思いのほか疲れが出て早めに床に就いたのでした。

 つづく

|

« positive food cafe bou @鶴舞線・川名 | トップページ | 砂浜まぶしい 南紀白浜② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« positive food cafe bou @鶴舞線・川名 | トップページ | 砂浜まぶしい 南紀白浜② »