« サカエ地下 松屋大丸の はんぱ市 | トップページ | ウールで出かけりゃ 帰りが暑い »

2010年4月17日 (土)

みぞれ 荒れ模様 訃報にあわてる

訃報があり 二日ほど関東へ行ってきました。

喪主の帯を締める際 手伝いました。

普段自分で着るときは前で締めて 後ろに回す・・・

ところが 人の帯を締めるときは その手間は省かれるのに

気が動転してたんでしょうね、前で結んでしまい、

うまくいかずに 解き、後ろから 手を差し込んで締める・・・

2年前は肥えすぎよ、とからかっていた 胴周りが 細くなっていて

また、動転してしまい、アタフタしました。

喪主は 70代後半ですが、帯枕が ペタンコでとても小さいものを使っていました。

これも こういうとき 用の ものなのでしょうか・・・わかりません。

「あちこち探してやっと 手に入れたものなのよ、その昔 ね。」

とのことでした。

にわかに覚えた着物の着方・・・が

こんな場面で 役に立つとは。でも本当にヨカッタ。

お通夜、告別式と 終わってみれば

吐く息は白く、鉛色の空からは みぞれ。

とても四月とは思えない 荒れ模様の天候でした。

故人の 麻の着物をもらいました。

紳士物ですが、いずれ なにかに 縫いなおそうと思います。

弾丸列車・新幹線(一人で乗るのは何年ぶりでしょう?)

で帰宅すれば洗濯物の山です。まるで 山脈。@0@

流れる雲を見上げながら干すうちに

日常に戻ってきた感がします。

合掌。

|

« サカエ地下 松屋大丸の はんぱ市 | トップページ | ウールで出かけりゃ 帰りが暑い »

その他」カテゴリの記事

コメント

>はい、うまこさま、きつく締めたつもりでも「スカスカよん」と言われたり、加減がてんでわかりませんでした。^^; 久しぶりに着るとはいえ、やはり着物で多くの時間を過ごした世代なのか、慣れてるなーさすがだなーという所作を見ました。

投稿: のんこ | 2010年4月20日 (火) 17時52分

お疲れ様でした。合掌

趣味が次第に実用になっていきますね。
それにしても自分で着る時と
人に着せるときは違っていて
慣れていないとあたふたしますよね。
特に帯締めはいつも悩みます。

投稿: うまこ | 2010年4月19日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サカエ地下 松屋大丸の はんぱ市 | トップページ | ウールで出かけりゃ 帰りが暑い »