« 小豆色化繊単衣製作 完成とドキドキの試着 | トップページ | 酷暑の墓参り »

2007年8月10日 (金)

浴衣あじさい号 修正

衿幅や 剣先のまとめかた、おくみの柄の出具合などなどダメだしのあった浴衣あじさい号。これも繰越を入れていなかったので 気合を入れなおして修正することにする。

Photo

相変わらず部屋の中はごちゃごちゃ。^^;

まずは袖を取り、脇をほどいて繰越を入れる。

衿を剣先から途中までほどいて おくみをはずし、柄を考えて付け直す。裾もやりなおして 衿幅も修正。

衿は折り線に色の変化が見られた。がっかりだわ。~~;

Photo_2 裾も額縁にならないし!!

義母が言うには「タテと横の縫い代幅が同じにならなくていいんだよ」とのことだが・・・。いいのかなぁ。

Photo_3 で 出来上がったら短くなってしまってほとんど対丈じゃん!!

なんだか あんまりハッピーじゃないな。~~;

とは言うものの、今回感じたのは 案外サイズ直しって自分でもできるかもしれない ということだった。反物から縫うことと 一旦出来上がったキモノ(もどき)を多少解いて修正するという両方を体験したので ひょっとしたら これから先リサイクルキモノの出来上がり品でも寸足らずなところを自分で直せるかもしれない・・・・というぼんやりした希望の光が見えつつあるのだった。

甘いか? ^^;

|

« 小豆色化繊単衣製作 完成とドキドキの試着 | トップページ | 酷暑の墓参り »

買ったキモノorやみくも自家製キモノ」カテゴリの記事

コメント

>青め猫様 実は帯芯も最近ゲットしたのでそのうち半幅帯でも自前で作ってみようか?なんて野心を抱いております。青め猫さんみたいに器用に刺繍できるとまた守備範囲が広がっていいのですが とても根気ないわぁ。^^; 繰越(身ヤツ口付近に後ろ身ごろ横一直線にはいる内揚げ)入れ忘れると 丈がつんつんになるという痛い思いをしたので これからの作品(まだやるのか?)では気をつけようと 思いました。^^;

投稿: のんこ | 2007年8月12日 (日) 17時10分

着物の解体作業されたのですね。
いやはや。
丈がそんなに短くなってしまわれたのですか?
まだ和裁のこと詳しく分からないので何とも言えませんが。
言葉さえよーく分からないのです。

反物から完成へ、完成品から手直しと経験されたので、既製品の手直しはバッチグーだと思いますよ。
私はまだまだ手直ししなければ着られない着物の山が待っています。
夏着物の手直しもまだです。
手縫いはなかなか厳しく根性ものですわー。
もう、夏が終わってしまうと言うのに。
あ゛~~~~(-.-#)

投稿: 青め猫 | 2007年8月12日 (日) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191468/16058619

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣あじさい号 修正:

« 小豆色化繊単衣製作 完成とドキドキの試着 | トップページ | 酷暑の墓参り »