« 期待はずれのYシャツ半襦袢 | トップページ | 浴衣あじさい号 ③ おくみをつけて試着 »

2007年5月18日 (金)

浴衣あじさい号 ② 袖と肩当

さて 今回も袖は45センチで裁つ。今回からシールで各部名称を貼り付けることに。表裏で微妙に柄袷が違ってくる可能性があるからだ。Photo_85

袖を短く裁ったせいかどうかわからないが 今回は衿とおくみになる布が大幅に余った。ひょっとして腰当の部分もとれるような反物寸法なのかな?一般的な浴衣反物って。^^;

そして今回はミシンなので袖は瞬く間にできあがり、

Photo_87

背縫いもあっというま。今回も印つけはせず まずは身丈の2倍を 2本とって 柄の出具合を確認してから背縫い。肩山2センチ手前でストップ。キセをかけ 縫い代ミミをくける。袖付け口、身八つ口の印は糸で縫いつけておく 早速肩当をつける。今回は薄桃色の胴裏地。しつけておく。

Photo_86 をを 速いな。ミシンは。^^;

前回の縞木綿を参考に 自分サイズを手帳にまとめた。

身丈160、後ろ巾32、裄67.これらをもとに前巾は27とし、おくみは15 衿下83 おくみした137となった。

脇縫いは一旦印をヘラでつけてから アイロンがけして直線印をつけ念のためしつけ ミシンで一気縫いである。

Photo_88 ちょいとややこしいのが おくみだな。

 本日はここまで。

|

« 期待はずれのYシャツ半襦袢 | トップページ | 浴衣あじさい号 ③ おくみをつけて試着 »

買ったキモノorやみくも自家製キモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191468/15021848

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣あじさい号 ② 袖と肩当:

« 期待はずれのYシャツ半襦袢 | トップページ | 浴衣あじさい号 ③ おくみをつけて試着 »